農業

  • 2016.06.23 Thursday
  • 23:08

普段より農業に携わる仕事をしています。

農業生産から流通、そして生産者と生活者を繋ぐための啓蒙活動や食に関わる企画も長らく続けています。そんな中、今回は実家の農業をサポートに行ってきました。私の実家は長野県上田市、専業農家の二男に生まれ幼い頃より農業と共に歩んでまいりました。小さな頃は養蚕を営み、家の畳を上げ家内で蚕を養い生計を立て田畑で米や野菜を作って来ました。田植えや稲刈りは面積が大きいために一ヶ月以上かかり、どこの農村地域でも学校では「田植え休み」「稲刈り休み」といったものがありました。

 世の中の流れがゆるやかな時期はそれでも悠々と暮らせました。 今回、実家の農業サポートをしながらしみじみ感じたことが有ります。うちにはいったいなんだいのトラクターがあるんだろうか?数えてみたら12台!120馬力から15馬力まで・・その他に大型のコンバインや田植え機・・古くなれば維持費だけでも大変です。大型のトラクターは1500万以上・・確かに再ベイ面積は20ha以上で地元出はかなり大きな方かもしれませんがはたしてこれで米を作っていて元は取れるんだろうか?

 日本人が米を食べなくなっています。農産物価格は需要と供給のバランスによって決定します。米は「日本の食の原点」ということで守られて来た農産物でしたが、食管制度が無くなり米の価格も自由化になり今ではブランドのコシヒカリでも一俵が12000円以下です。10a(300坪)当たり収穫量は420Kg・・90000円程度にしかなりません。機械の償却や肥料代を含めた生産コストは10a当た120000円・・どうやっても米では食べられないのが現状です。これは不動産の維持の為の農業です。

米だけでは食べられないので転作の奨励金狙いで麦や大豆を作らなければいけない! 麦・大豆・そばは転作の奨励作物ですが海外のコストを考えるととても日本で栽培するものにはなりません。 でも国産だから安心・安全・・これも大きな間違いでしょう。

 

農家が誇りを持って経営が出来るようにするには補助金などではなく、自立できるための教育や流通の改善が大きな要素を持つように感じています。

皆さんと多くの場を持ち農業や食について語ってみたいと思っています。

 

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/06/24 11:40 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

中村敏樹

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM